ネクタイは大人の嗜み

場所を考慮に入れた着こなしでネクタイを魅せる

ネクタイを着用する機会が多くなるのは、対峙する両者が最終的に得をするときです。上手な着こなしができていれば前向きに話が進むので、場所に応じてネクタイを使い分けることが必要になります。
相手の方が立場が上の場合には、奇をてらうデザインのものを着用すると有利な状況がもたらされます。それなりの立場に位置している人物は、分刻みのスケジュールで活動しています。会った人全員の顔や名前を覚えていないことが大いに考えられるので、インパクトの大きい外見を大切にしなければなりません。多数派が着用しないデザインのネクタイを取り入れると、興味深い着こなしをしていると先方は感じます。
着こなし一つで印象を大きく変えられるために、重要な機会でネクタイのデザインを熟考する作業は避けて通ることができません。自身の考えを肯定的に受け取られるための大前提として、長期的に記憶してもらえる着こなしを編み出して話し合いの場に参加することが肝要です。

ネクタイも上手く着こなしを

スーツやシャツを選んだら、今度は誰もがネクタイをどうしようかと考えるものです。様々なカラーバリエーションに加えて柄も豊富ですから、どれもこれも良いものに見えてきてしまうのも当然です。とりあえず数本あればいいのかなと思って選ぶ人もいるかもしれませんが、綺麗に見えるポイントなども考えながら選びましょう。

上手に着こなしていくには、まずネクタイの長さは剣先がベルトにかかるかどうかをチェックしましょう。そして幅はスーツのラペルと呼ばれる下襟の幅と合わせると綺麗です。そして、柄なども好みのものを使ってしまいたくなりますが、柄はなるべく一種類だけにしてカラーはネイビーやグレー、エンジなどを中心に使うようにするとすっきりした着こなしとなります。

華やかに魅せたい時には大きめの柄などを使っていきますが、やりすぎると全体のバランスがおかしくなりますので気をつけて下さい。ビジネスで着用する場合には、柄も2種類までに留めてバランスよい着こなしを目指しましょう。

注目サイト

不用品回収を大和で相談

Last update:2017/6/8