ネクタイは大人の嗜み

ネクタイを自宅で簡単に手入れする方法

ネクタイは仕事に行くときは欠かせないもののため、毎日変えていても傷みやすくなってしまうものです。毎日ちょっとした手入れを行うだけで、ネクタイは長い間使用できるものになります。
ネクタイを外したら埃や汚れを取ります。毎日手で結ぶもののため結び目に汚れが付きやすくなります。汚れやシミがついていたら布地でたたいて汚れを落とし、陰干ししておきます。収納の際にはハンガーにかけるか丸めて収納するようにするとシワになりにくくなります。そして一度使ったネクタイは数日は使わないようにしましょう。気に入っているからと毎日同じものを使っていると、それだけ傷みやすくなってしまいます。一度使ったものは数日休ませるようにしましょう。
「手入れなんて面倒だからクリーニングに出せばいい」と思われるかもしれませんが、クリーニングは型崩れしたり布地がけば立つことがあるため、あくまで毎日自分でこまめに手入れをする方が、気に入ったものを長く使うことが出来ます。

ネクタイの手入れのやり方

仕立てのいいネクタイでも使い続けていると、シワがつきやすくなったり、締め心地などが悪くなってしまいます。
そんなネクタイを長持ちさせるためには、日頃からの手入れが重要となってきます。
手入れのやり方としては、まず汚れが付かないように顔や首などの汗、皮膚の汚れをまめに拭っていきます。とくに夏場などは首周りは汗で汚れやすいため、ネクタイにも注意が必要です。シルクのような素材は結び目の部分が黄ばんだしてしまうこともあります。

汚れが付いた場合にはすぐに布で叩いて汚れをとっていくことが基本です。素材によっては生地を傷めてしまう可能性があるため注意します。汗をかいたときは、水で濡らし緩く絞った布で叩き汗ジミをとっていきます。シワが付いたときには、アイロンの蒸気を直接当てないようにしていくと効果的です。
どのような素材でも一度使ったものは、陰干しをして2、3日休めることをおすすめします。手入れを行なうことによって、長持ちさせることができるようなります。

おすすめWEBサイト 5選

カナダに高校留学
http://www.kaigairyugaku.biz/flag01/education/

2017/3/8 更新